おきなわ

【侍JAPAN U-15代表】安仁屋ヤングスピリッツの仲宗根大斗が火消し成功で初戦勝利!

 

下記バナークリックで応援よろしくお願いします^^

あなたの「ポチっ!」が更新の励みになります♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

11月22日から愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムでU-15アジアチャレンジマッチ2019が開催されています。

そんな中、侍JAPAN U-15代表 仲宗根大斗の活躍がネットで話題になっています。

今回の記事ではその侍JAPAN U-15代表 仲宗根大斗の活躍について、ご紹介していきます。

仲宗根大斗(なかそねはると)さんのプロフィール

仲宗根 大斗
なかそね はると
NAKASONE HARUTO

2019 U-15 アジアチャレンジマッチ2019

背番号:15
ポジション:投手
投打:右投右打
身長:179cm
体重:69kg

経歴:安仁屋ヤングスピリッツ

侍ジャパンオフィシャルサイトより引用

話題のニュース

 11月22日(金)愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開幕した「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。初戦で松山市代表と対戦した侍ジャパンU-15代表は2回表に2点を背負う苦しい展開に。しかし、ここで緊急リリーフに立った沖縄産の右腕が勝利の使者となった。

 
 「初回からブルペンでキャッチボールはしていたが、この回から登板とは言われていなかった」と、その場面を振り返ったのは安仁屋ヤングスピリッツ3年の仲宗根 大斗(なかそね・はると/右投右打・179センチ68キロ)。仲宗根はなおも二死満塁のピンチを空振り三振で切り抜けると、この日は最速133キロをマークしたストレートに「今日はキレがあった」と本人も手ごたえを得た右打者左打者問わず内外角低めに決まるスライダーを駆使し2回3分の1を無安打3奪三振無失点と見事な火消し。

 一方、打線もそんな仲宗根の好投に呼応し2回裏に同点。3回裏には3点を奪って突き放し、終わってみれば13対3で6回裏二死コールド勝ち。仲宗根が流れを呼び込む形で初戦を飾った。

 試合後には「昨日の練習で鹿取さんから『リリース時にグラブを引きすぎないように』というアドバイスをもらって、今日は感覚がよくなった」と、元読売ジャイアンツ、西武ライオンズでリリーフエースとして活躍した鹿取 義隆・侍ジャパンU-15代表監督のアシストがあったことを明かしてくれた仲宗根。

 「今後は体重と内転筋と肩回りを中心とした筋トレをしっかりして球速を上げていきたい」高校入学までのカリキュラムの中で加えられた「鹿取アドバイス」は、彼自身の大きな刺激と成長を与える材料となることは間違いない。

(記事=寺下 友徳)

高校野球ドットコムより引用

関連動画

created by Rinker
¥1,430
(2019/12/11 07:06:16時点 楽天市場調べ-詳細)